Bevel(ベベル)ノード

Hair (ヘアー) BSDF

../../../_images/render_shader-nodes_input_bevel_node.png

Bevel ノード。

Bevel(ベベル)シェーダノードは、丸い角の描画に使用できます。バンプマッピングと同様に、実際のジオメトリを変更せず、シェーディングのみが影響を受けます。エッジのわずかな丸みは、現実の世界でも見られるスペキュラハイライトをキャプチャするのに有用です。

これは非常に高負荷なシェーダーであり、他に複雑な要素のあるシーンでも、レンダリングが20%遅くなる可能性があります。そのため、レンダー時間がさほど問題にならない、ベイクまたは静止したフレームのレンダーでの使用を推奨します。ベベルモディファイアーはより高速なオプションですが、複雑または乱雑なジオメトリでは失敗することがあります。

入力

Radius (半径)

エッジのベベル効果の幅。

Normal

ベベル上に適用する法線。例えばBump(バンプ)ノードと組み合わせます。

Properties

Samples

各シェーダー評価で取得するサンプルの数。サンプル数が多いほどより正確な結果が得られますが、レンダリングが遅くなります。デフォルト値の4は通常、適切に機能し、より多くのAAサンプルを使用しノイズを解決します。

出力

Normal

標準法線出力。

../../../_images/render_shader-nodes_input_bevel_example.jpg

エッジにスペキュラハイライトを出すベベルシェーダ。