はじめに

3D Viewportは3Dシーンを操作するための画面で、モデリングやアニメーション、テクスチャーペイントなど様々な目的に使われます。

ヘッダー領域

../../_images/editors_3dview_introduction_3d-view-header-object-mode.png

オブジェクトモードのヘッダー。

ヘッダーには、現在の モード に基づくさまざまなメニューとコントロールが含まれています。

3D Viewportのヘッダー内のツールとモードは、3つのグループのボタンに分けられます:

モードとメニュー

Mode

3D Viewportには、さまざまなデータ形式を編集するために使用される いくつかのモード があります。

View

3D空間内を 移動 するためのツールメニューです。

これら以外のメニューは現在のモードによって変わります。下記はオブジェクトモードでのメニューです:

Select

オブジェクトを 選択 するためのツールが表示されます。

Add

シーンに追加可能な オブジェクトタイプ のリストを表示します。

Object

このメニューはオブジェクトモードで表示され、 オブジェクト を編集するためのツールが表示されます。エディトモードでは editing tools に変わります。

変換のコントロール

Transform Orientations

Transform Orientations を選択・変更するために使用します。

Pivot Point

メッシュの操作をする様々なツールが参照する点 ( pivot point) を変更するために使用します。

詳しくは Pivot Points を参照してください。

スナップ

オブジェクトの変換やモデリングに便利な snapping tools をコントロールします。

Proportional Edit

Proportional Edit

ディスプレイとシェーディング

Object Type Visibility

3D Viewport内での オブジェクトタイプごとの表示の可否 と選択の可否を変更します。

Viewport Gizmos

gizmos が3D Viewport内でどのように表示されるかを変更します。

Viewport Overlays

3D Viewport内で overlays がどのように表示されるかを変更します。

X-Ray

シーン全体を透過して表示します。これはシェーディングコントロール内の X-ray へのショートカットです。

Viewport Shading

3D Viewport内での shading を変更します。

ツールバー領域

ツールバーは現在のモードによって表示される内容が異なります(例えば、 Edit Mode ならモデリングツール、 Sculpt Mode ならブラシツールが表示されます)。

詳細は Tools を参照してください。