Scale

Reference

Mode

Object Mode と Edit Mode

Menu

Object/Mesh/Curve/Surface ‣ Transform ‣ Scale

ショートカットキー

S

Scaleとは、オブジェクトの比率を変更することを意味します。 S を押すと、 Scale 変換モードに入り、選択した要素がマウスポインタの位置に応じて内側または外側にScaleされます。要素のスケールは、マウスポインターがピボットポイントから離れると増加し、ポインターがピボットポイントに近づくと減少します。マウスポインタが Pivot Point の元の側から 反対側に交差すると、Scaleは負の方向に続き、要素を反転します。

../../../../_images/scene-layout_object_editing_transform_scale_basic-usage.png

基本的なScaleの使用法です。パネルの左から右に、元のオブジェクト、縮小されたオブジェクト、拡大されたオブジェクト、および反転縮小されたオブジェクトが表示されています。

Scaleの量は、3D Viewportのヘッダーに表示されます。

../../../../_images/scene-layout_object_editing_transform_scale_display-values.png

Scaleの量

参考

ショートカットを組み合わせて使用​​すると、変換をより細かく制御できます。 Transform Control を参照してください。

Options

Scale X, Y, Z

指定された軸上での、選択物のサイズ変更量です。

Orientation

変換の軸を指定された方向に制限します。詳細については、 Transform Orientations を参照してください。

Proportional Editing

押し出された面は、近くのジオメトリに影響します。完全なリファレンスについては、 Proportional Editing を参照してください。