Vertex Weight Proximity(頂点ウェイト(近傍))モディファイアー

このモディファイアーは、オブジェクト(またはその頂点)と別のターゲットオブジェクト(またはそのジオメトリ)の間の距離に基づいて、指定された頂点グループのウェイトを設定します。

警告

このモディファイアーは、標準(0.0〜1.0)の範囲のウェイト値の暗黙的なクランプを実行します。0.0未満の値はすべて0.0に設定され、1.0を超える値はすべて1.0に設定されます。

注釈

変更したウェイトは、Weight Paint Mode(ウェイトペイントモード)で表示できます。これは、編集している頂点グループの元のウェイトを表示したい場合は、 Vertex Weight Proximity(頂点ウェイト(近傍)) モディファイアーを無効にする必要があることも意味します。

Options(オプション)

../../../_images/modeling_modifiers_modify_weight-proximity_panel.png

Vertex Weight Proximity(頂点ウェイト(近傍))モディファイアー

Vertex Group(頂点グループ)

影響する頂点グループ。

Target Object(ターゲットオブジェクト)

距離を計算するオブジェクト。

Proximity Mode(近接モード)
Object(オブジェクト) 距離

変更されたメッシュオブジェクトとターゲットオブジェクトの間の距離を、影響を受ける頂点グループ内のすべての頂点のウェイトとして使用します。

Geometry(ジオメトリ) 距離

各頂点とターゲットオブジェクトの間の距離、またはそのジオメトリを使用します。

Vertex(頂点)

これにより、各頂点のウェイトが、ターゲットオブジェクトの最も近い頂点までの距離から設定されます。

Edge(辺)

これにより、各頂点のウェイトが、ターゲットオブジェクトの最も近い辺までの距離から設定されます。

Face(面)

これにより、各頂点のウェイトが、ターゲットオブジェクトの最も近い面までの距離から設定されます。

注釈

それらを複数有効にすると、最短距離が使用されます。ターゲットオブジェクトにジオメトリがない場合(例えば、エンプティやカメラ)、オブジェクト自体の位置が使用されます。

Lowest(最低)

ウェイトが0.0になる距離。

Highest(最高)

ウェイトが1.0になる距離。

Tip

マッピングを逆にするには、 Lowest(最低)Highest(最高) より上に設定できます。

Normalize Weights(ウェイトを正規化)

相対的なウェイトを維持するために頂点グループの重みをスケールしますが、最小値と最大値は完全な0〜1の範囲に従います。

Falloff(減衰)

Type(タイプ)

マッピングのタイプ。

Linear(リニア)

マッピングなし。

Custom Curve(カスタムカーブ)

カーブを使用してマッピングを手動で定義できます。

Sharp(シャープ)、Smooth(スムーズ)、Root(ルート)、Sphere(球状)

これらは、最もとがったものから最も丸いものまで、古典的なマッピング関数です。

Random(ランダム)

各頂点にランダムな値を使用します。

Median Step(中央値ごと)

カット値として0.5を使用して、バイナリウェイト(0.0または1.0)を作成します。

Invert(反転) <-->

減衰を反転します。

Influence(影響)

これらの設定は、3つの Vertex Weight(頂点ウェイト) モディファイアーで同じです。Vertex Weight Edit(頂点ウェイト編集)モディファイアー のページを参照してください。

この例は、ターゲットオブジェクトからの距離を使用して、変更された頂点グループで Wave(波) モディファイアーを動的に制御する方法を示しています。

blendファイル, のシーン TEST_1。